毛穴のたるみ

 

ある程度の年齢になると、お肌のたるみが気になってきます。

実は、毛穴もたるんでくるんですが、ご存知でしょうか。

とくに、頬の毛穴のたるみは目立つものです。

皮膚を少し引っ張り上げると毛穴が閉じるようなら、加齢によるたるみの可能性が高いです。

皮脂や汚れの詰まりによって毛穴が開いている状態と、加齢による毛穴の開きは違います。

ですから、ケアの方法も異なってきます。

加齢によるたるみ毛穴の改善には、いろいろな方法があります。

コラーゲンが不足している場合は、コラーゲン補給を。

これだけで、お肌がハリを取り戻し、毛穴の開きが目立たなくなることもあります。

コラーゲンは、ドリンクや粉末など、いろいろな商品がありますから、

摂取しやすい方法で続けると良いでしょう。

マッサージも、続けると効果的です。

ただし、間違ったマッサージをすると、シワが増えてしまうことにもなりますから要注意です。

また、紫外線も、毛穴のたるみに悪影響を与えますから、紫外線対策も必要です。

 


 

 

タグ

2011年3月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:毛穴 毛穴の引き締め

背中の大人ニキビ

ニキビといえば思春期のものと思われがちですが、 大人になってからもニキビに悩まされる人は意外と多いのです。 背中に大人ニキビができることもよくあります。 自分では目につきにくい場所なので、 ある日突然背中ニキビに気付いて驚くこともあります。 大人ニキビは、ストレスや、栄養の偏りなど、 さまざまな原因で発生します。 背中ニキビは、それに加えて、手が届きにくいので お手入れがしづらいということもあります。 そのため不衛生になりやすく、にきびができても ケアするのが遅れ、余計に広がってしまうこともあります。 背中にきびが気になったら、 まずは背中を清潔に保つことを心がけましょう。 これだけで、背中ニキビが改善する人もいます。 たとえば、入浴時にシャンプーをして、 髪は十分にすすいでも、背中にシャンプー剤が残っていることもあります。 また、夏には汗をかいた後、着替えないでそのままにしていると、 アクネ菌が繁殖してニキビができることがあります。 汗をすぐ拭いたり、着替えたりできるといいですね。

タグ

2011年3月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:大人ニキビ

部分的にオイリー肌

お肌を分類する時に、乾燥肌とかオイリー肌のように言いますが、複数の特徴を持つ「混合肌」というのもあります。

つまり、全体的にカサつくけれど、鼻の部分だけオイリー肌、というように。

こうした混合肌の場合は、化粧品選びも難しいですね。

化粧水などの基礎化粧品については、顔の部分によってアイテムを変えている人もいるかもしれません。

でも、それはちょっと面倒だという方は、付け方を工夫すると良いと思います。

乾燥気味の部分には、化粧水をたっぷりとつけ、そのあと乳液などをつけます。

そして、脂っぽい部分は控えめにしましょう。

基礎化粧の後のメイクは、お肌の部分によって塗り分ける必要はないと思いますが、オイリー肌が気になる部分は、まめにティッシュで押さえるなどするとよいでしょう。

また、メイク前に、Tゾーンの脂浮きをおさえる美容液などがあれば、つけると効果的です。

部分的にオイリー肌の場合、もしかすると食生活の影響があるのかもしれません。

油を使った料理や、お菓子などを控え目にすると、それだけでお肌の調子が変わってくることもあります。

タグ

2011年3月18日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:オイリー肌

無添加スキンケアとは

敏感肌の方は、ちょっとした刺激でも影響を受けやすいため、いろいろなことに気を付けて生活していることと思います。

化粧品にしても、なるべくナチュラルなものを利用しているのではないでしょうか。

無添加スキンケアを選んで使っている人も多いでしょう。

ただ、この「無添加」という言葉は少し注意が必要です。

無添加というのは、ある特定の添加物を含まないことを指しますが、 何が無添加なのかをきちんと把握しなければなりません。

無添加スキンケアは、アレルギーを引き起こす可能性があると指摘されている特定の物質を使用していない商品ですが、対象外の添加物は使われている可能性があります。

化粧品のパッケージに細かい字で書かれている成分表示をすべてチェックするのは大変ですが、敏感肌の方は、なるべくお肌に刺激の少ないスキンケア用品を使うべきでしょう。

普通肌の人が何も刺激を感じないような化粧品であっても、敏感肌の人が使うとヒリヒリしたり、赤くなってしまうことがあります。

無添加だからと安心せず、細かいところまでチェックしないといけませんね。

 

タグ

2011年3月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:敏感肌

シワができやすい

乾燥肌の人の悩みといえば、シワができやすいこと。

お肌が乾燥してカサつくと、いつの間にか、ちりめんじわがたくさんできていたりします。

見た目にも、うるおっているお肌は若さを感じますが、乾燥していると、どうしても老けた印象になってしまいます。

乾燥肌は、水分だけでなく、コラーゲンやヒアルロン酸などの成分も不足しています。コラーゲンやヒアルロン酸といえば、美に敏感な女性がせっせと摂取する成分ですよね。

これが慢性的に不足していたらどうなるか・・・ 想像すると、ちょっと怖いですね。

最初は小さなシワが気になり始めますが、これを放っておくと、深いシワになってしまいます。

シワがあると、どうしても実年齢より老け顔になってしまうんですよね。

乾燥肌とシワは密接な関係があるので、乾燥肌の人は早めにシワ対策をしておいた方がいいと思います。

乾燥肌の方は、化粧水などでの水分補給が大切ですが、大切なのは付け方。

一気にバシャッと付けるのではなく、少しずつ何度も重ねづけすると良いようです。

 

タグ

2011年3月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:乾燥肌

正しいスキンケアで改善

お肌の悩みは人それぞれ違いますが、オイリー肌の場合は、常にお顔の脂分が気になりますね。

あぶらとり紙が手放せないのも、オイリー肌の特徴です。

乾燥肌の人は、あぶらとり紙を使っても、ほぼ何も付かないのに、オイリー肌の人は、何枚もあぶらとり紙が必要だったりします。

なかなか化粧直しができない時は、顔がギトギトしていないか、とても気になると思います。

オイリー肌は、遺伝や、持ってうまれた肌質の場合もありますが、食生活を変えることでかなり改善されることもあります。

脂っこい食事や、お酒の飲み過ぎ、甘い物の食べ過ぎは、オイリー肌には良くないようです。

これらを減らし、野菜を多く食べるようにするだけでも、少し違ってくると思います。

また、洗顔も大切。

脂っぽいのが気になって、洗い過ぎている人が意外と多いんですね。

必要以上に洗ってしまうと、お肌に刺激を与えて、余計に皮脂が分泌されてしまうこともあります。

たくさんの泡で包み込むように洗顔し、すすぎを丁寧にするのがコツです。


タグ

2011年3月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:オイリー肌

このページの先頭へ