乾燥肌と季節の関係

 

乾燥肌の人は、ただでさえお肌のうるおいが不足しがちなので、
冬場など空気の乾燥が激しい季節は、とても症状がつらくなることがあります。

冬は空気が乾燥するだけでなく、暖房器具により、さらに乾燥がひどくなります。

部屋にいるだけでも、お肌は悲鳴をあげているかもしれません。

また、実は夏も油断できない季節なのです。

屋外での湿度は十分にあっても、部屋の中はエアコンが効いているため、
湿度が下がります。

お肌の表面上は、汗や皮脂の分泌で、一見うるおっているように見えますが、
お肌の内部は乾燥していることがあります。

これが、インナードライと言われるもので、水分と皮脂のバランスが崩れた状態です。

インナードライの場合、お肌の表面がベタつくので、
皮脂対策のケアをしてしまいがちで、お肌の内部の乾燥に気付かず、
ますます乾燥肌がひどくなることもあります。

乾燥肌の人は、一年間を通じて保湿を心がける必要がありますが、
乾燥する時期は、日中もお肌に水分を与えるようにした方が良いでしょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年4月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:乾燥肌

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ